JR線新宿駅から徒歩9分、あさひリーガルパートナーズ

HOME > 相続方法の決定 > 限定承認とは

限定承認とは

限定承認とは、被相続人の残した財産において、プラスの財産とマイナスの
財産があった場合に、プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、
それ以上のマイナスの財産を相続しない方法です。


限定承認にも、いくつか条件があります。

ひとつは、相続人が相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に
限定承認の申立をしなければならないことです。
この際に、相続人が複数名いる場合、相続人全員が一致する必要があります。

もしも、3ヶ月を超えてしまった場合は、原則としてプラスの財産も、マイナスの
財産もすべて相続する「単純承認」をしたとみなされます。

 

限定承認の申立てのサポートも行っております。まずは、お問合せください。
また、3ヶ月過ぎてしまった場合、条件によっては相続放棄できる場合があります。

 

この場合も、まずは相続相談にお越し下さい。

 

詳しい内容はこちら!

単純承認とは
相続放棄とは
3ヶ月を過ぎた場合の相続放棄
限定承認とは


相続に関する相談は新宿相続遺言相談センターへどうぞ!

  uk02.PNG

お問合せから相続相談の流れ

b02.PNG

TOPページに戻る

行政書士による無料相談実施中! まずは無料相談のお問合せを下さい

事務所案内  ●所員プロフィール  ●サポート料金  ●アクセス

  • 初回無料! 安心納得!相続相談会実施中

Contents Menu

  • 事務所アクセスマップ

事務所所在地

新宿相続遺言相談センター
営業時間:9:00~18:00
TEL:0120-873-294
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-5-3
西新宿ダイヤモンドパレス313